前へ
次へ

人材派遣ならお試し勤務が可能になる

学生が将来働く仕事を経験する機会としてインターンシップがあります。
企業と学校などが連携をして希望する学生を一時的に働かせてくれます。
その時の給料は事情によって異なりますが基本的には無給が多いようです。
学生としてはお試し勤務ができ企業側も学生の能力がわかるメリットがあるのでしょう。
インターンシップは学生が利用できる仕組みなのでその他の人が利用する機会はあまりありません。
となるとそれぞれの会社のことを知るには実際に雇われる必要があります。
正社員としてお試しで働いてみたいなら人材派遣の利用がよさそうです。
正社員のように直接会社と雇用契約を結ぶのではなく派遣期間も決められています。
実際に働けばその会社の雰囲気がわかりますし、会社側に能力をアピールすることもできるでしょう。
一方で想像していた会社ではないとわかれば人材派遣後に正社員にならなければその会社で働かずに済みます。
派遣会社に相談すれば希望する会社に派遣してもらえることもあります。

Page Top